書評

【ゼロ秒思考】A4メモの効果がないのは継続できていないだけ!1年間継続している私流のやり方紹介

alt"A4メモを実施した紙の束"

こんにちは、今様です。

あなたは、「頭が良い人ってどんな人?」と聞かれて何と答えますか?

私は、「判断が速い人」と答えます。

一概にそうとは言えないかもしれませんが、頭が良い人の条件の中には必ず入ってくる要素だと思います。

 

そんな判断を速くする方法としておすすめなのが、「A4メモ」というA4用紙にメモをしていく方法です。

このメモを1日10枚繰り返していくことによって、頭の回転が格段に速くなります。

 

本記事では、

・A4メモのやり方

・A4メモを1年間実践して変わったこと

・A4メモは効果がない?

・A4メモを継続していくコツ

について解説していきます。

 

※本記事は赤羽雄二さん著の「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」を一部を引用して解説しています。

ゼロ秒思考とは

課題が整理され、問題点の本質が見え、本質的な解決策とそのオプションが浮かび、オプションのメリット、デメリットがすぐ分かるようになる。問題の本質と全体像を押さえた確実な対策が打てるようになる。

そうした思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。

赤羽雄二著 「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」P50

ゼロ秒思考ができるようになると、

  • 状況判断
  • 課題の整理
  • 解決策の立案
  • 解決のための行動

を瞬時に考えることができるようになります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
頭の回転が速くなるってことだね!

 

そして、そのゼロ秒思考を身につけるために必要となってくるのが、「思考やアイデアを明確に言語化する能力」です。

なぜなら、思考は言語によって行われるから。

 

私たちの頭の中では、様々なアイデアや思考が言語として認識されずに浮かんでいます。

その思考を明確に言語化できていないのであれば、思考を深めることも整理することもできません。

逆に言えば、思考を言語化できたということは、自分の中で思考を理解できているという証拠です。

その思考を、自分の中で理解して言語化するための方法として、最良の方法が「A4メモ」と呼ばれるもの。

 

このA4メモはA4用紙とボールペンさえあればできる方法で、今すぐに誰でも始めることができます。

A4メモのやり方

A4メモのやり方は非常にシンプルです。

用意するものは、

  • A4用紙
  • ボールペン

の2つのみ。

まずA4用紙を横向きに置き、「左上に考えるテーマ」、「右上に日付」を記入。

alt"A4メモのやり方"

後はそのA4用紙に、1分以内でテーマについて思いついたことをひたすら書いていくだけです。

メモを書いていくうえで気を付けることが、

  • 1つのテーマにつき書くのは4~6行
  • 各行20~30文字程度
  • 1日10枚が目安

という3つ。

1日10枚というのは、最初はしんどいかもしれませんが、工夫することで毎日継続することができますよ。

alt"A4メモをやったA4用紙"

最初はなかなかうまくいかずこんなに多くのアイデアを出せないかもしれませんが、継続すれば必ず効果は出るので、ぜひ諦めずに継続してくださいね。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
1日10枚、1日10分を継続してみよう!

 

もっと詳しいやり方が知りたいという方は、本書の方を熟読してみてください。

 

A4メモを実践してみて変わったこと

本記事で紹介しているA4メモですが、私自身ずっと実践しており、かれこれもう1年近く継続していることになります。

1年ぐらい継続すると、下の写真の通りすごい紙の量になり、置くスペースに困ってしまいますw

alt"A4メモを実施した紙の束"

 

ここでは、そんな継続して実践している私だからこそ言える、A4メモを始めてみて変わったことを紹介します。

グダグダ悩むことが無くなった

私は、何か考える時や悩みができたときには必ずA4メモを活用しています。

なぜなら、自分でも実感できるレベルでアイデア出しと問題の整理が早くできるためです。

 

A4メモをおこなって思考を紙に書きだすことで、問題点を「見える化」できます。

目に見える形に言語として書き出すことで、そこからどんどん問題を深堀りすることができますし、何より問題の本質を見失うことがありません。

問題の本質を見失わないということは、考えている最中に無駄な思考をせずに済むということなので、問題解決に向けてまっすぐ進んでいくことができます。

 

また、A4用紙に問題点を書き出していくことで、問題の整理もやりやすくなります。

なぜなら、問題点を紙に書きだして見える化することによって、必要な情報とそうでない情報とを簡単に分けることができるためです。

問題点を紙に書きだして改めて考えてみると、

「この情報はいらないから、考える必要ないな」

と思うことが多々あります。

 

問題を解決するためには、問題点の整理は必須です。

何を考えればいいのか分からなくなったときは、A4メモで問題点の整理をしてみましょう。

継続する癖がついた

A4メモを継続してやったおかげで、継続する癖がつきました。

A4メモは継続しないと効果が出てきません。

逆に言うと、継続すれば必ず効果が出るんです。

 

それを知った私は、成果が実感できるまでひたすら継続し続けました。

そうすると、1ヶ月半経ったあたりで効果が出始め、A4メモに書きだしているアイデアの質が良くなっていることを実感しました。

 

こういう風に成功体験を一度することで、継続する楽しみを感じることができます。

普段から継続できないのは、いつ成果が出るかわからず、成果を実感できないからです。

しかし成果が出始めると、急に楽しくなってきます。

 

「継続すれば結果は出るんだ!」

という体験を一度することによって、そこから他の分野でも成果が出るまで継続していくことができます。

A4メモは継続すれば必ず成果を実感することができるので、ぜひ成果が出るまで継続し続けてください!

A4メモで効果がないのは継続できていないだけ

A4メモをやり始めたはいいものの、なかなか結果が出ず飽きてしまいそうになる時もあるでしょう。

しかしA4メモは、継続してやっていかないと効果は出てきません。

私も、最初からゼロ秒思考ができていたというわけでもなく、長い間継続してきたからこそゼロ秒思考ができるようになっています。

 

本書の中でも、

メモ書きを3週間から1ヶ月続けると、頭にどんどん言葉が浮かぶようになる。メモに書くよりも早く、言葉が湧いてくる。1ヶ月前にはもやもやとしていたものが、言葉が明確に浮かび、アイデアが続々と出てくるようになる。

赤羽雄二著 「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」

という風に解説されています。

ということは、最低でも1ヶ月近くは継続して、1日10枚のA4メモを書いていかないといけないということです。

 

これは個人差あるでしょうし、1ヶ月経たないうちにできるようになる人もいれば、2ヶ月近くやらないと結果が出ないという方もいるでしょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
私は実感するのに1カ月以上かかった人ですね汗

しかし、継続していれば必ず効果が出てきます。

 

私流の継続していくコツ

一気にやろうと思わない

A4メモは1日10枚が目安となっていますが、10枚を一気にまとめてやろうと思わないことが重要です。

一気にやろうと思うと、思ったより疲れます。

私も最初はまとめてやっていた時期もありましたが、寝る前の疲れて頭が回らない時間帯にA4メモをまとめてやっても、途中で投げ出してしまい継続していくことができません。

 

そこでおすすめなのが、A4メモをやる時間帯を分ける方法です。

私の場合は、

  • 朝・・・2枚
  • 昼・・・4枚
  • 夜・・・4枚

という風に分けています。

 

こうやって分けることで、飽きることもなくなり継続できる可能性がグンと高まります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
夜はその日の振り返りをA4メモでやるのがおすすめ!

テーマを思いついたらスマホにメモする

A4メモを始めたての頃に最も難しいのが、「テーマ決め」です。

どんなテーマで考えたら良いのかわからず、A4メモを始めることができないという方が大勢います。

そういった時は、何か疑問に思ったことをすべてスマホにメモしていくのがおすすめです。

 

何か疑問が思い浮かんでも、その疑問をすぐに忘れてしまうということはよくありますよね。

それを防ぐために何か疑問が浮かんだら、忘れないようにスマホにすぐにメモすることを習慣にしておきましょう。

これだけで、だいぶ変ってきます。

 

また、ニュースを見るのもおすすめです。

ニュースを見た後、その問題について自分の意見をA4メモに書いていけば、テーマが無くなるということはありません。

この方法だと、日々のニュースについて把握できるとともに、その問題について自分の考えを深めることもできます。

 

普段はSNSなどにしか利用していないスマホも、A4メモをしていくうえでは自己成長のために活用していくことができます。

ぜひあなたも今回紹介した方法でA4メモを継続していってくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では、具体的なA4メモのやり方と、継続していくコツについて紹介していきました。

 

A4メモの目安は1日10枚なので、10分程度で終わります。

しかし、その10分は集中して思考を繰り返している状態なのでとても濃密な時間となり、とても疲れるでしょう。

しかし、その1日10分という時間を毎日継続してやっていけば、必ず結果はついてきます。

少しでも頭の回転を速くして、ゼロ秒思考ができるようになるためにも、継続してA4メモを実践していきましょう!

以上、今様でした。

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST