ブログ

毎日投稿を30日間やって気づいたこと6つ。

こんにちは、今様(いまよう)です。

この記事で毎日投稿開始から30日目を迎えました。

つまり、この記事が最後の記事ということになります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
長いようで短かったなあ・・・

 

毎日投稿最後の記事は、毎日投稿を実践してみて気づいたこと6つを紹介します。

ちなみにこの記事は前回投稿した『毎日投稿を15日間やって気づいたこと4つ』の続きになるので、先にそちらを読んでみてください。

毎日投稿を15日間やって気づいたこと4つ。毎日投稿開始から14日間が経ちましたが、色々と気づいた点があります。 気づいた点や役立つ点は10個以上あるのですが、 本記事では4個だけ紹介します。...

毎日投稿を30日間続けてみてわかったこと6つ

2020年4月17日から5月16日までの30日間、毎日記事を投稿してきましたが、

気づいたこと
  • 量を書けば質も上がる
  • 制限ができると効率が良くなる
  • 1日がルーティン化された
  • タイピング速度は勝手に上がる
  • リライトが追い付かない
  • インプットする仕組みが必要になる

の6つに気づきました。

量を書けば質も上がる

ブログを運営するうえで、「量or質」問題はよく出てきます。

量書けばいいのか、それとも良質な記事を丁寧に書けばよいのか。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
本当は両方できるのがベストなんだけどね。

 

私は今回30日投稿してみて、「量」こなすべきだということが分かりました。

というのも良質な記事を書くためにも、数多くの記事を書いて、自分なりの気づきを得る必要があるからです。

 

量書いていけば、新たな気付きに出会える可能性も大きいですし、経験も積めます。

有名なブロガーさんの発信している情報を参考にするのも良いですが、結局は自分で試して自分で改善していくしかありません。

そのPDCAを回すスピードを上げるためにも、量書く必要があるんです。

 

反対意見の方もいるかもしれませんが、まずはあなた自身で試してみてください。

そのうえで、反論や気づいたことがあれば発信すればいいと思います。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
何事もまずはやってみよう!

制限ができると効率が良くなる

「1日1記事」という制限を付けると、

やばい、間に合うかな・・・

といったような焦りが出てきます。

しかしこれを逆手に取ることで、作業効率はぐーんと高まりました。

 

人は焦って不安を感じると、「アドレナリン」という成分が脳内で分泌されます。

このアドレナリンは集中力を高め、いつも以上の力を引き出してくれる成分。

 

制限を付けて自分を焦らせることによって、集中力が高まり作業効率は上がるんです。

 

また制限を付けると、

制限内で執筆するにはどうしたらいいんだろう?

という風に、効率化する仕組みを自分の中で考えだします。

そうすると、効率化するためのアイデアが出やすくなるんです。

 

この「制限を付ける」というのは、あなたの日常生活の中でも活用できます。

例えば、「今日と明日の2日で、この1冊を読みきろう!」といった制限を付けると、読書に対する集中力は高まります。

 

制限を付けることで、あなたの力は最大限に引き出されます。

ぜひ試してみてください。

1日がルーティン化された

1日1記事を仕事に行きながら執筆しようと思うと、時間が足らなくなります。

そういった時間が足らない中でも無理やり実行していると、1日が勝手にルーティン化されていきました。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
制限のおかげで時間の効率化が図れたよ!

 

ルーティン化されると、次にやるべきことを考える時間がなくなるので、無駄な時間が省かれます。

少しでも時間を有効的に使いたいのなら、1日をルーティン化させるのはおすすめ。

 

私の場合は、

alt"1日のタイムスケジュール"

という風になりました。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
完全に朝型人間だねw

 

ルーティン化して視覚化すれば、あなたの1日の無駄な時間も見えてきます。

ぜひルーティン化できるところはしてみてください。

 

タイピング速度は勝手に上がる

毎日2,000~3,000文字執筆していると、自然とタイピング速度は上がりました。

執筆する速度を上げたいのであれば、タイピングが速度を上げるのが一番手っ取り早いです。

そういったことを考えても、毎日投稿には大きな収穫がありました。

 

タイピングのコツや練習法は、下の記事にて紹介しています。

「ビジネス文書検定1級」が教えるタイピングのコツと練習ソフト4選!タイピングがもっと速くなりたいという人はいませんか? 本記事では、「ビジネス文書検定1級」を取得した時に実践したコツと練習法を紹介しています。...

 

作業前にタイピングゲームをすれば、目も覚めますし頭の切り替えもできますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
練習すれば誰でも早くなるからね!

 

リライトが追い付かない

毎日投稿をしている間は、質は気にせずとにかく書きまくりました。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
質は6~7割あれば良いところでしょうか・・・

そのため、明日以降はリライト地獄が待ち受けていますw

 

記事を毎日書くのはいいのですが、リライトする時間をあまり確保できません。

そのため、毎日投稿後のリライトや見直しは覚悟しておいてください。

 

しかしこの見直し期間は、非常に重要だと考えています。

というのも、自分の欠点や修正点を客観的に見て分析できるため、自分のやるべきことが見えてきます。

量書いた後なので分析できる記事も多く、自分の癖に気づく機会も多いでしょう。

 

確かにリライトは大変ですが、成長するきっかけにもなるのでプラスにとらえてやり切りましょう!

今様(いまよう)
今様(いまよう)
最後まで手を抜かずにやらないとね!

 

インプットする仕組みが重要

記事を書くためには、何かしらの知識や情報が必要です。

毎日投稿していると、情報をインプットする時間があまり確保できず枯渇してきます。

 

それを考えても、やはりインプットを仕組み化する必要がありました。

そんな中で私が行ったのは、「情報を仕入れるメディアを限定する」というものです。

 

私の場合は、

  • Twitterのリスト
  • Feedly
  • LINEニュース

という3つを中心に情報を仕入れていきました。

 

Twitterのリストでは、トレンドの情報がいち早く確認できますし、Feedlyでは自分の好きなサイトの新着記事だけを効率的に閲覧することができます。

また、LINEニュースの中で活用したのが「ランキング」タブ。

ランキングでは、最近話題のニュースを3~5行程度で簡単に紹介してくれています。

 

こういう風に、自分に合った情報収集メディアを限定することで、効率的に情報を仕入れることができます。

インプットや情報収集に時間がかかっていたという人は、参考にしてみてください。

 

※Feedlyの使い方が下のサイトがおすすめです。

https://mobareco.jp/a53154/

 

まとめ

この記事で毎日投稿30記事目となり、とりあえずノルマは達成です。

ただ、毎日投稿していく中で自分の欠点が多く見えてきて、これから先の方が大変だというのを身に染みて感じていますw

しかしその欠点を克服したとき、この記事を書いている今以上に成長した自分になっていると思います。

 

「量より質!」という意見もありますが、量も質も結局は重要です。

その重要性も、自分自身で試さないと分かりません。

この記事を読んで少しでも毎日投稿をしてみたいと感じた方は、ぜひ実行してみてください。

必ず得られるものがありますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
質問があれば何でも答えるよ!

 

以上、今様(いまよう)でした。

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し