読書

【読書】本の内容を忘れたくないなら同ジャンルの本を多読しろ!

こんにちは、今様です。

読書してもすぐに内容を忘れてしまう・・・

という悩みを抱えていませんか?

 

私は記憶力も悪く、少し前までは同じような悩みを抱えていました。

しかし本記事で紹介している読書法を実践することで、記憶への定着率が高くなったんです!

 

本記事では、そんな記憶力の悪い私が実行している、本の内容を忘れないための読書法について紹介します。

忘れたくないなら1つのジャンルの本を多読しろ!

結論から述べると、本の内容を忘れないためには「同じジャンルの本を連続して読む」のが効果的です。

同ジャンルの本を連続して読むことで、

  • 読みながら復習できる
  • アウトプットも同時にできる

といった効果を得られます。

 

確かに、

  • メモを取る
  • 付箋を付ける
  • 重要な部分にマーカーを付ける

といったことをやるのは非常に効果的です。

事実、私も行っています。

 

しかし、それだけ行っても本の内容を忘れてしまうときはありますよね。

これは、アウトプットや復習が十分にできていないのが原因です。

 

このアウトプットと復習を同時におこなうには、1つのジャンルの本を連続して読むのが効率が良く、効果絶大なんです。

同ジャンルの本を連続して読むメリット

alt"メリット"

同ジャンルの本を連続して読むことで得られるメリットとして、

  • 読みながら復習&アウトプットができる
  • 1冊の読むスピードが速くなる

の2つが挙げられます。

読みながら復習&アウトプットができる

同ジャンルの本だと、書かれている内容に大差ありません。

実際に読んでみると分かりますが、1冊の本の中で真新しい情報が書かれている部分というのはそこまで多くないんです。

 

同じような内容のことを、言い回しを変えて記載されているだけ。

そのため、同ジャンルの本を連続して読むことで、

あ!ここの内容、前読んだ本の中でも書かれてたな!
前読んだ本より詳しく書かれてる!

 

という風に、復習とアウトプットを同時におこなえるんです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
内容も頭の中で整理しやすいよね!

 

この方法だと何か難しい作業をする必要もありませんし、あなたも今すぐ始められます。

そのため本の内容を忘れない読み方として効率が良く、効果的なんです。

読むスピードが速くなる

alt"速度"

同ジャンルの本を連続して読むという読み方は、速読にもつながってきます。

 

先ほども言った通り、1冊の本に書かれている真新しい情報というのはそこまで多くありません。

ですので、すでに知っている情報が書かれて部分は飛ばすことができます。

 

また新しい情報が書かれていたとしても、そのジャンルの概要をある程度把握していれば、理解するのも速くなります。

 

この読み方は、下の記事で紹介している『読書の技法』という本の中で紹介されているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

alt"読書の技法"
【書評・要約】『読書の技法』で本物の読書術が身につく!正しい速読の目的とは?本記事では佐藤優さん著の「読書の技法」について紹介しています。 この本を読めば、今まで認識していた読書術が覆り本当の速読術の在り方について知ることができます。 本物の読書術を身につけたいならぜひ読んでみてください!...

私が実際におこなっている読書法紹介

それでは、私が実際におこなっている読書法を紹介します。

私の場合は、

  1. 同ジャンルの中で読みたいと思った本を3~5冊選んで購入
  2. 先に「はじめに」「目次」「おわりに」を読んで内容を把握
  3. 内容を把握できたら、読む順番を決めて読み進める

という順で行っています。

1.同ジャンルの中で読みたいと思った本を3~5冊選ぶ

まずは本を購入するわけですが、ここで気を付けるのが必ず「3冊以上の奇数冊」買うようにしてください。

というのも、同ジャンルの本の中で時々書かれていることが違うときが出てきます。

そういった時奇数冊買っていれば、どちらの意見が正しいか多数決で判断することができます。

 

必ずしも多数決で正しさが決まるわけではありませんが、1つの考え方として多数決で決めるのは間違いではないでしょう。

そのため、必ず奇数冊購入するようにしてください。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
書いていることをすべて真に受けてはいけないよ!

 

購入する本の選び方については、下の記事にて紹介しているので参考にしてみてください。

https://imayou-smart.com/good-book-choice/

 

2.「はじめに」「目次」「おわりに」を読んで内容把握

次は本の内容をおおまかに把握します。

把握するポイントとしては、

  • 身につく知識が広いか深いか

の1つだけ。

 

このポイントだけ意識して、本の内容を把握するようにしてください。

3.読む順番を決める

2の段階で内容を把握できたら、読む順番を決めて読み進めていきます。

最初に読む本として最適なのが、「広く浅い知識が身につく本

 

1冊目に入門書のような浅く広い知識が身につく本を読んでいると、そのジャンルの他の本を読むときも頭に入ってきやすいです。

そのため、まずは広く浅い知識が身につく本を読むようにしましょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
まずは入門書から!

 

残りの本の読み進め方としては、なるべく簡単な本から選ぶと良いでしょう。

段階的に深い知識を身に付ければ、後々難しい内容に困ることもありませんよ。

 

同ジャンルの本を読んでると飽きない?

ここまで読み進めて、

同じジャンルの本を続けて読んでると飽きそう・・・

と思っている方もいるでしょう。

確かに同じジャンルの本を続けて読むと、新しい情報に得られる機会は減るため、新鮮さは感じられなくなるでしょう。

 

しかし、あなたがすでに知っている部分は読む必要ありません。

すでに知っているんですから、斜め読みでも飛ばし読みでもして時間を短縮すればいいんです。

 

本を読むとき、最初の1字から最後の1字まで全部読もうとする人がいますが、それは間違った読み方。

 

1冊の本を読むからといって、全部読む必要はないんです。

あなたの知らないことが書かれている部分だけ熟読すれば問題なし!

今様(いまよう)
今様(いまよう)
もったいないならメルカリで売るといいよ!

 

そうすれば、読書スピードも速くなりますし理解度も高まりますよ。

まとめ

まとめ
  • 本の内容を忘れたくないなら、同ジャンルの本を連続して読め!
  • そうすれば、理解度も記憶への定着率も高まる!
  • 最初に読むなら、幅広い知識が身につく入門書がおすすめ

今回紹介した同ジャンルの本を連続して読めば、覚えるべき知識がまとまって頭に入ってくるため、記憶への定着率も高まります。

復習とアウトプットを同時におこなえる点も効率的です。

 

読み方を少し変えるだけで、本の内容を最大限に活用できるようになります。

ぜひ本記事で紹介したやり方を参考にしてみてください。

以上、今様でした。

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し