タブレット

所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」

alt"所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」"

こんにちは、今様です。

YouTubeや動画配信サービスが流行している現在、少しでも大画面で動画を楽しむためにiPadの購入を考えていませんか?

そんなあなた、ちょっとストップです!

 

確かに大画面で動画を楽しむことのできるiPadは魅力的で、とても便利な端末であることは認めます。

現に私自身も活用していますし。

しかし、今のあなたに適した端末は本当にiPadですか?

 

本記事では、今現在iPadを利用している私の体験談をもとに

・私がiPadを購入した経緯

・iPadの製品概要

・iPadを購入してよかった点

・iPadを購入する前の注意点

・iPadはこんな人にオススメ!

を紹介していきます。

私がiPadを購入したきっかけ

私がiPadを購入した大きな理由としては、「大きい画面の端末が欲しかった」から。

iPadの最もな特徴は画面の大きさですし、欲しいと思っている人のほとんどが大画面に魅力を感じているのではないでしょうか。

 

私の場合は、

  • 大きな画面でリズムゲームがしたい
  • YouTubeやOPENRECを大画面で視聴したい

という2つの目的がありました。

 

ここですぐにiPadを購入しても良かったのですが、問題点が出てきました。

それが、「どのiPadを買えばいいの?」というものです。

iPadは、

  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad

の4種類あります。

それぞれに特徴があり、使える機能の向き不向きもあります。

その中でも私は、コスパが最強で最も低価格な「iPad」を選びました。

 

今様(いまよう)
今様(いまよう)
今では毎日利用させてもらっています。

 

iPad(第5世代)の外観紹介

iPadの簡単なスペックは以下の通りです。

iPad(第5世代)私が所持している世代 iPad(第7世代)最新世代
容量 32GB / 128GB 32GB / 128GB
サイズ 240mm×169.5mm×7.5mm 250.6mm×174.1mm×7.5mm
インチ 9.7インチ 10.2インチ
重量 478g 493g
バッテリー駆動時間 最大9~10時間 最大9~10時間
カラーの種類 シルバー/ゴールド/スペースグレイ シルバー/ゴールド/スペースグレイ
Apple Pencil ×
Smart Keyboard ×
価格 37,800円(発売当初) 34,800(税別)

 

私の持っている第5世代と最新機種の第7世代の大きな違いは、やはりApple PencilSmart Keyboardが使えるかどうかですね。

それ以外の性能は大きく変わった点はなく、第7世代は第5世代がパワーアップされた機種とみてもらって大丈夫です。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
Apple Pencilは第6世代でも利用可能だよ!

 

実際の外観はこのような感じになっています。

alt"iPadの外観"

 

裏にはおなじみのリンゴマークが付いていますね。

alt"iPadの裏側"

 

上部には「電源ボタン」と「3.5mmヘッドフォンジャック」が搭載されています。

alt"iPadの上部"

 

薄さは7.5mmです。

とてもスリムなので、どんなカバンにも入れることができますよ。

alt"iPadの薄さ"

 

今回紹介しているiPadの充電の接続端子は、Lightning端子となっています。

iPad下部にはLightningの接続端子だけでなく、スピーカーが2か所設置されています。

alt"iPadの充電端子"

 

私がいつも使っているiPadの重量は、484.7gでした。

保護フィルムを張っている分、購入時よりほんの少しだけ重くなっています。

alt"iPadの重量"

 

持っている感想としては、やはり相当軽いですね。

7.5mmという薄さに、484.7gという重量では長い間手に持っていてもなかなか疲れることはありません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
これだと外出先でも気軽に取り出して利用することができますよb

iPadを買って良かった点

alt"メリット"

画面が大きいため動画やkindleが見やすい

私が使用しているiPad(第5世代)のサイズは9.7インチと、最新型である第7世代のiPadの10.2インチよりか画面のサイズは劣ります。

しかし、それでも十分な大きさです。

 

下のiPhone Xと比べた写真を見てもらえれば、十分大きいことがわかるでしょう。

alt"iPadとiPhoneの比較"

スマホ以上PC未満の画面サイズで、動画やkindleを気軽に楽しむにはもってこいの端末ですね。

 

 

特に私の場合は、kindleを読むうえでとても重宝しています。

KindleをiPhoneで表示した時と、iPadで表示した時を比較したのが下の写真です。

alt"iPadとiPhoneでkindleを表示した時の比較"

 

見れば分かる通り、iPhoneの方に表示されている文字数は少なく、必然的にページをめくる回数が増えてしまいます。

 

それに比べて、iPadのディスプレイは大きく、文章もまとまって表示されているので内容も頭に入ってきやすいです。

 

漫画の場合でも同様で、iPhoneだと文字が小さくて読みづらくなってしまいます。

alt"iPadとiPhoneで漫画を表示した時の比較"

 

今様(いまよう)
今様(いまよう)
これは電子書籍だけじゃなく、SNSでも同じことが言えるね。

 

また、iPadはPCのように起動する時間もないので、すぐに利用を始めることができます。

手軽さ」もiPadの強みの一つでしょうね。

 

軽くて持ち運びも楽

iPadの重量はモデルによっても変わってきますが、470~490gと、とても軽い設計となっています。

500mlのペットボトル飲料の重量が500gなので、500mlのペットボトルほどの重さもありません。

 

それにiPadの厚さは7.5mmで、学校の授業などで使っていたB5のノートとさほど変わらない厚みとなっています。

iPadは薄くて軽いため、片手で簡単に持つこともできますし、持っていて手が疲れることはなかなかありません。

 

また、iPad本体のサイズは「240mm × 169.5mm」とB5のノートよりもコンパクトなサイズとなっており、ほとんどのリュックやカバンの中に入れることができます。

alt"iPadとB5のノートを比較した画像"

 

 

薄いうえに軽いので外出中も気になることはありませんし、かさばらないので旅行先などにも簡単に持っていくことができます。

旅行先でiPadがあれば、宿泊先のホテルでもゆっくりと動画を楽しむことができますし、撮影した写真もiPadの大画面で確認することができます

さらにお子さんがいる方なら、旅行の移動中にiPadで動画を再生してあげることで、退屈な時間も有意義なもの変化させることもできます。

 

持ち運びが簡単にできるiPadを有効活用することで、外出先でも快適に過ごすことができますよ。

 

リズムゲームなどの激しいゲームも快適に遊べる

私がiPadが欲しかった理由の1つに、「リズムゲームを快適に遊びたかったから」というのがあります。

全てのリズムゲームに対して言えることではありませんが、画面が大きくないと快適にプレイできないゲームもあります。

例えば、「deemo」や「jubeat」「太鼓の達人」といったものは、iPhoneなどの画面が小さい端末でのプレイは難しいでしょう。

プレイできたとしても、なかなか良いスコアを出すことができません。

 

また、リズムゲームだけでなく、FPSやTPSなどのシューティングゲームも、iPadを使えば快適に遊ぶことができます。

最近でいえば「荒野行動」や「PUBG MOBILE」、「Call of Duty Mobile」「FORTNAITE」などが当てはまります。

小さい画面の中で、敵を探して狙いを定めるのは難しく、なかなか思うようにプレイできないことも多々あるでしょう。

そういったことも解決してくれるのがiPadです。

 

画面が大きいのでスムーズに操作できますし、敵も簡単に見つけることができます。

1人でも多くの敵を倒したいという方には、断然iPadをおすすめします!

 

また、最近のアップデートでiPadでもゲームコントローラーが使用可能になりました。

iPadに対応したコントローラーを接続することで、TVゲームと同じように遊ぶことができます。

alt"iPadでゲームコントローラー"

 

ここまでiPadでできるようになると、もうTVゲームを必要としなくなる人も多そうですねw

今様(いまよう)
今様(いまよう)
とうとう携帯端末で本格的にゲームができるようになってきましたね。

 

iPhoneと操作がほとんど同じでシンプル

iPadは、「iPhoneが大きくなったもの」と考えてもらって大丈夫です。

というか、実際そうです。

そのため、iPhoneユーザーの方であればすぐに使いこなすことができるでしょう。

 

また、iPhoneユーザーではない方も何も心配する必要はありません。

「タブレットやスマホは操作が多くて難しそう」

というイメージを持っている方も多いと思いますが、iPhoneやiPadの操作はとてもシンプルなものとなっています

基本の操作はすぐに覚えられますし、誰でもすぐに使いこなせるようになります。

 

実際私の姉は機械音痴ですが、今はiPhoneを愛用していますし、機械の操作が苦手という方でも心配しなくて大丈夫です!

 

私がiPadをおすすめしている理由は、この部分も大きいんです。

iPadの操作はとてもシンプルで簡単なので、操作を覚えることに時間をかける必要もなく、あなたのやりたいことにすぐに取り掛かることができます

やりたいことを全力で取り組むことができる点も、iPadの魅力の1つですよ。

マルチタスクで同時作業できるのが超便利!

iPadには、iPhoneにない「マルチタスク」という機能があります。

このマルチタスクは、2つのアプリを同時に操作することができる機能のことで、画面の大きいiPadだからこそ活用できる機能です。

使ってみれば分かりますが、このマルチタスクが超絶便利!

 

Safariで調べごとをしながらブログを書くなど、同時に作業を進めていくことができるので、とても効率よく作業を進めていくことができます。

alt"iPadのマルチタスク機能"

 

ゲームなどの攻略情報もこのマルチタスクの機能を利用すれば、ゲームを進めながら同時に見ることも可能です。

使い方次第で、とても便利に使いこなせます。

alt"iPadのマルチタスク機能"

 

 

また、動画を小画面で再生しながら作業をすることも可能です。

残念ながら、今のところYouTubeを小画面で再生することはできませんが、Amazon PrimeやHuluなら再生することができます。

alt"動画を再生しながらsafariを利用する"

 

 

こういったマルチタスクの機能を活用することによって、PCに引けを取らないほど効率的に作業を進められます。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
簡単な作業ならもうPCは不要ですね。

Apple PencilとSmart Keyboardが利用可能!

最新型の第7世代のiPadは、「Apple Pencil」と「Smart Keyboard」が利用可能になっています。

 

「Apple Pencil」iPad専用のタッチペンのことで、絵を描いたりメモを取ったりするときに活用することができます。

最近では、液タブやペンタブの代わりに「iPad × Apple Pencil」を利用している方も多く、とても精度の高いものとなっています。

 

 

「Smart Keyboard」iPad専用のキーボードで、初めてApple純正のものが発売されました。

このSmart Keyboardを利用することで、iPadをPC代わりに利用することができますし、簡単な資料作成くらいだとPCは必要ありません。

また、最近ではiPadでマウスも利用可能になっているので、ますますPCの代わりとして使う機会が増えそうです。

 

iPadを購入する前の注意点

alt"注意点"

iPad以外でも代用が効く可能性がある

使い方や購入する理由によっては、iPadではないタブレット端末の方が良い可能性もあります。

「大画面で動画を見たいだけ」や、「持ち運べる軽いタブレット端末が欲しいだけ」というのであれば、無理にiPadを購入する必要はないですし、Android型のタブレット端末でも十分代用がききます。

価格だけで見れば、iPadより安いタブレットはいくらでもありますし、無理にiPadにこだわる必要もないでしょう。

 

ただ、iPadにしかない魅力というものもあります。

操作方法がiPhoneと一緒なので、iPhoneをすでに使っているという方はiPadの方が使いやすいでしょうし、iPadは操作が簡単なので初心者の方でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

 

また、iPadは価格は少し高価になりますが、その分長期間使用することができます。

私の今使っているiPadは2017年に発売された第5世代のiPadですが、2年以上経った今でも問題なく快適に使用することができています。

 

長い目で見ると、高価ではありますがiPadの方が良いと言えるでしょう。

iPadの種類が多すぎて、自分に合ったものがわからない

iPadには、

  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad

の4種類のモデルが販売されています。

それぞれの端末に特徴があり、端末によってできることに向き不向きがあります。

その判断が難しく、購入後に「あっちにしとけばよかった」と後悔してしまう可能性も0ではありません。

購入後に後悔しないためにも、購入する前のリサーチは必ずしておいてください。

 

最近では家電量販店や携帯ショップに行けばiPadが展示されており、直に触って操作することができます。

ある程度リサーチをして検討後に、家電量販店などで実際に触ってみるのが一番後悔しない選び方です。

 

せっかく買うなら、少しでもあなたに合ったものを選んでみてください。

使用目的が明確にないと宝の持ち腐れなる

ここが最も注意してほしいポイントです。

明確な使用目的が複数ないと、使わなくなる確率が非常に高いです。

 

・「大画面で動画が見たい」⇒PCやTVの方が画面が大きく、結局使わなくなる

・「大画面でゲームを快適にしたい」⇒同じゲームを数年後もやってる可能性は?

 

など、買う目的が少なかったり明確にないと、代替品でまかなうことができ、結果利用しなくなります。

 

しかし、私の場合購入する前は、

  • 大画面で動画が見たい
  • 音ゲーを快適に遊ぶために大きい画面の端末が欲しい

という2つの目的のためだけに購入しました。

 

しかし現在では、

  • 大画面で動画を視聴
  • 動画を視聴しながらネットサーフィン
  • Kindleでの読書
  • 外出先でPC代わりに作業

など、iPadを購入して使用し始めてから使用目的が増えました。

理由としては、使っているうちにできることの幅の広さが直に分かり、やりたいことが増えていったからです。

 

私のように使用していくうちにやりたいことが増えたり、自分に合った便利な使い方を知ることができる可能性もあります。

iPadを購入する目的」と「iPadを購入してからの未来」の2つをしっかりと考えて、慎重に購入を検討してみてください。

どんな人にオススメなの?

これまでの内容をまとめると、

こんな人におすすめ!
  • 大画面で動画やkindleを楽しみたい人
  • 外出先でPCの代わりとして使用目的がある人
  • お絵描きをしたい人
  • iPhoneユーザーでタブレット端末が欲しい人
  • 大画面で快適にゲームがしたい人
  • iPadの使用目的が明確に多数ある人
  • コスパを重視したい人
  • 初めてタブレット端末を購入する人

といった人にオススメします。

 

「iPad」はiPad端末の中でも最も低価格で、コスパ最強の端末です

そのため比較的手も出しやすく、とても魅力的な製品であることは事実でしょう。

 

しかし、明確な使用目的がないと結局使用しなくなってしまい、宝の持ち腐れになってしまいます。

そうならないためにも、

  • iPadの使用目的
  • iPad購入後の未来

この2つのことはよく考えておいてください。

先のことを考えて購入することで、iPadの活用の仕方が大きく変わりますよ。

まとめ

iPadは他のiPad製品と比べるても、コスパ最強のタブレット端末になっています。

誰でも簡単に利用でき、幅広い使用用途があるので、初めてタブレット端末を購入するという方にはぜひおすすめします。

 

この記事に書いたこと以外のことで何か気になることがあれば、聞いてください。

お答えできることはすべてお答えします。

質問や感想をお待ちしております。

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し