タブレット

【比較】読書するにはiPadとKindle端末どっちがおすすめ?

alt"iPadとKindle端末の比較"

こんにちは、iPad使用歴8年の今様(いまよう)です。

電子書籍読むのにiPadとKindle端末どっちがいいんだろう?

という悩みを抱えていませんか?

 

本記事では、「iPad」と「Kindle Paperwhite」のどちらも所有している私が、iPadKindle端末の比較をしていきます。

どちらともにメリット、デメリットがあるのであなたの目で確認してみてくださいね。

iPad:読書以外にも活用でき、ビジネスシーンでも活躍してくれる万能型

Kindle:読書しかできなく汎用性は低い。しかし読書時の性能は抜群の読書特化型

 

iPadとKindle端末はどっちがいいの?

iPadKindle
価格34,800-121,800円8,980-29,980円
ディスプレイ7.9-12.9インチ6-7インチ
容量32GB-1TB8GB-32GB
サイズ(㎜)203.2×134.8×6.1-

280.6×214.9×5.9

160×113×8.7-

159×141×3.4-8.4

カラーカラー白黒
重量300.5-641g174-188g
バッテリー約10時間最大6週間
防水×〇(無印Kindleのみ×)
アプリ×(読書のみ)

 

iPad」はAppleが販売している、タブレット端末。

大画面で読書だけでなく、動画の視聴やソシャゲを楽しむことができる万能型です。

 

それに対し「Kindle端末」は、Amazonが販売している電子書籍リーダー。

Kindleストアで購入した電子書籍を読むためだけの端末で、動画の視聴やソシャゲのプレイはできません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
iPadは「万能型」でKindleは「読書特化型」なんだね!

そのため、以下の人向けになります。

iPad:「カラー漫画も読みたい」「読書以外にも活用したい」人向け

Kindle:「小説や実用書を中心に読みたい」「読書に集中したい」人向け

今様(いまよう)
今様(いまよう)
どちらが自分に合っているか確認してみてね!

関連iPadのレビューはこちら

alt"所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」"
所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」YouTubeや動画配信サービスが流行している現在、少しでも大画面で動画を楽しむためにiPadの購入を考えていませんか? そんなあなた、ちょっとストップです! 確かに大画面で動画を楽しむことのできるiPadは魅力的で、とても便利な端末であることは認めます。 しかし、今のあなたに必要な端末は本当に「iPad」ですか?...

関連Kindle Paperwhiteのレビューはこちら

alt"Kindle Paperwhite"
【Kindle Paperwhiteレビュー】コスパ最強!最もおすすめの電子書籍リーダーはこれKindle Paperwhiteはコスパ最強で、Kindle端末で最も売れている端末。どれを買うか迷ったら、KindlePaperwhiteの購入がおすすめです。 本記事では『Kindle Paperwhiteのレビュー』をしています。 ...

 

iPadのメリット・デメリット

汎用性が高くKindle以外のアプリも利用できる

alt"iPadのホーム画面"

iPadではKindleアプリでの読書だけでなく、YouTubeでの動画視聴やソシャゲもできます。

今やPCの代用品として使用されるほどの性能。

広い用途で使い道があるため、ビジネスシーンでも活躍してくれる端末ですよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
簡単な資料作成ならiPad1台でできるからね。

比較的軽量で、持ち運びも楽

alt"iPadの重量"

iPadもKindle端末ほどではないですが、軽量となっています。

その重さは300~640g。

私の持っているiPad(無印)は470gなので、500mlのペットボトルよりも軽いです。

 

また薄さだけでいえば、Kindle端末よりも薄い端末もあります。

alt"iPadとKindle Paperwhiteの薄さ"(左)Kindle Paperwhite (右)iPad

 

持ち運びにも不便はないため、通勤中でもすぐに取り出して利用できます。

Apple製品との親和性が高い

alt"Appleマーク"

Apple製品はiCloudを通じて、データの共有が簡単にできます。

データを共有しておけば、写真・音楽・スケジュールといったデータを、あなたが持っているすべてのApple製品で利用可能。

そのため、今すぐ必要なデータもiPhoneやiPadですぐに表示できます。

あなたがMacBookやiPhoneといったApple製品を利用しているのであれば、今以上に便利に使いこなせますよ。

【iPad デメリット1】種類が多すぎる

一概にiPadと言っても、

  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini

と4種類あります。

これだけ種類があれば、自分に合った端末がどれか判断しにくいですよね。

 

しかしAppleの公式サイトでは、iPadのモデルを比較することもできます。

alt"Apple公式サイトでのiPadの比較"

公式サイトで比較すれば、購入に失敗することもないので安心してください。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
私はいつもサイトで比較して購入を検討してるよ!

 

Apple公式サイトはこちら

【iPad デメリット2】Kindle端末より割高

alt"お金"

iPadは最も安いモデルである、「無印iPad Wi-Fiモデル」でも34,800円します。

高性能で汎用性が高いとはいえ、おいそれとは手が出せない金額ですよね。

 

しかし高額なだけあってコスパは高く、性能面でも不便はありません。

最新機種を買えば4,5年は利用できます。

多くのシーンでタブレットを活用できるビジネスマンからすると、仕事でもプライベートでも使えるので、一石二鳥ですよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
今のiPadを4~5年使ってるけど、快適に使えてるよ!
alt"所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」"
所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」YouTubeや動画配信サービスが流行している現在、少しでも大画面で動画を楽しむためにiPadの購入を考えていませんか? そんなあなた、ちょっとストップです! 確かに大画面で動画を楽しむことのできるiPadは魅力的で、とても便利な端末であることは認めます。 しかし、今のあなたに必要な端末は本当に「iPad」ですか?...

Kindle端末のメリット・デメリット

KindleはiPadよりも薄く軽量

alt"Kindle Paperwhiteの重量"Kindle Paperwhite

iPadも十分な軽量と言えますが、Kindle端末はさらに軽量。

Kindle端末の中で最も重たい「Kindle Oasis」でさえ188gです。

 

8mmという薄さに200g未満の重量なので、親指と人差し指の2本だけでらくらく持てます。

長時間の読書で手が疲れるという方でも、Kindle端末だと片手で楽に読書できますし、電車の中でも活躍してくれますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
立ちながら読めるのはありがたいかも!

ブルーライトが少なく、目にやさしい

alt"スマホからのブルーライト"

Kindle端末はiPadと違い、ブルーライトの量が少ないため目にやさしいです。

ブルーライトが少ない理由が、「フロントライト」を採用しているから。

フロントライトは光が直接ユーザーの目に入るのではなく、一度反射させた光を目に入れます。

直接光を見ないため、ブルーライトが軽減されており目にやさしいんです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
寝る前の読書には最適でよ!

バッテリー持続時間が長い

alt"バッテリー"

明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可能。

Amazonより引用

 

Kindle端末のバッテリー持続時間は約数週間。

私の感覚では1日2~3時間使用しても、1,2週間のうちに充電する回数は1回で十分です。

外出先でも充電が切れる心配もありませんし、長時間使用できるのはありがたいですね。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
モバイルバッテリーでの充電も可能だよ!

 

Kindleは読書に集中できる

alt"電子書籍"

Kindle端末は、SNSといったアプリをインストールすることができません。

これはデメリットでもありますが、メリットでもあります。

SNSやYouTubeを使用できないため、読書に集中することができるんです。

 

iPadだとどうしても通知が気になったり、違うことをしたくなったりと気が散ってしまいます。

しかしKindle端末では読書しかできないので、いつも以上に読書に集中できますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
Kindle端末で集中力も記憶力もアップ!

 

【Kindle端末デメリット1】読書以外にできることがない

alt"スマホに表示されたアプリアイコン"

Kindle端末ではiPadのように、アプリをインストールすることができません。

そのため汎用性は低いです。

 

しかしその分読書に集中できるため、読書が趣味で没頭したいという方にはおすすめですよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
他アプリが使えないのはメリットでもあるからね!

【Kindle端末デメリット2】白黒なので雑誌には不向き

alt"Kindle端末での雑誌"

Kindle端末は白黒です。

そのためカラーマンガや雑誌を読むには向いていません。

電子書籍を読むにしても、雑誌を中心に読みたいのであればiPadを利用するようにしましょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
最近はカラーマンガも増えてるし、iPadの方が融通効くかも。

関連おすすめの電子書籍リーダー5つを紹介!迷ったらこの2つから選べ!

iPadとKindle端末の比較まとめ

iPadとKindle端末の比較まとめ

【iPad】

  • 汎用性が高く、PCの代わりにもなる
  • カラーなので雑誌やカラーマンガの読書には向いている
  • ただ種類が多く高額なため、選ぶときは慎重に

【Kindle端末】

  • 値段も1~2万円と低価格
  • 汎用性は低いが、読書に対する性能はピカイチ
  • しかし白黒なため雑誌やカラーマンガには不向き

 

iPad、Kindle端末とも強み弱みがあります。

その特徴を見極めて、あなたに合った端末を選ぶようにしましょう。

 

ちなみにiPadでコスパが高い端末は『iPad(無印)』で、Kindle端末だと『Kindle Paperwhite』です。

どちらもレビュー記事を書いているので、ぜひチェックしてみてください。

以上、今様(いまよう)でした。

alt"所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」"
所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」YouTubeや動画配信サービスが流行している現在、少しでも大画面で動画を楽しむためにiPadの購入を考えていませんか? そんなあなた、ちょっとストップです! 確かに大画面で動画を楽しむことのできるiPadは魅力的で、とても便利な端末であることは認めます。 しかし、今のあなたに必要な端末は本当に「iPad」ですか?...
alt"Kindle Paperwhite"
【Kindle Paperwhiteレビュー】コスパ最強!最もおすすめの電子書籍リーダーはこれKindle Paperwhiteはコスパ最強で、Kindle端末で最も売れている端末。どれを買うか迷ったら、KindlePaperwhiteの購入がおすすめです。 本記事では『Kindle Paperwhiteのレビュー』をしています。 ...
alt"【徹底比較】電子書籍リーダーとタブレットを9つの視点で比較!重要なのは2つだけ!"
【徹底比較】電子書籍リーダーとタブレットを9つの視点から比較!重要なのは2つだけ電子書籍を快適に読もうと思うと、電子書籍リーダーかタブレットの2択になります。そこで本記事では、電子書籍リーダーとタブレットのどちらが快適に読書できるのか比較しています。...
ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST