ガジェット

【TOWASY Lightningケーブル L字型レビュー】L字型のLightningケーブルが思ったより便利だった!

alt"【TOWASY Lightningケーブル L字型レビュー】L字型のLightningケーブルが思ったより便利だった!"

こんにちは、今様です。

iPhoneやiPadの充電ケーブルであるLightningケーブルは、Apple正規品だと約2,000円します。

いや、ほんとに高すぎ。。。

 

そんなLightningケーブルは消耗品で、「断線」しやすいため何度も何度も買い替えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、「L字型のLightningケーブル」です。

alt"L字型のLightningケーブルのコネクタ部分"

 

本記事では、

・L字型のLightningケーブルの外観

・L字型のLightningケーブルの使用感と注意点

・L字型のLightningケーブルを購入した理由

についてレビューしていきます。

購入したL字型Lightningケーブルの概要

私が今回購入したのは、TOWAYSさんのL字型Lightningケーブルです。

販売会社 TOWAYS
価格 1,200円(Amazon価格)
ケーブルの長さ 1.2m
ケーブル加工 ナイロン編み
対応機種 iPhone X / XR / XS / 8 / 8Plus / 7 / 7Plus / SE / 6S / 6 / 5S / 5C / 5 / iPad4等
(iOS12との互換性あり)
その他 返品・交換保証付き
MFI認証品

※現在在庫切れとなっているため、類似品のリンクを張ってます。

L字型のLightningケーブルの外観

alt"L字型Lightningケーブルの画像"

コンパクトな箱に入って届きました。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
箱の左下にはしっかりと「MFI認証ロゴ」が入っていますね!

さっそく開封していきます。

 

alt"L字型Lightningeケーブルを開封"

小さな袋に、コンパクトに収納されています。

 

alt"L字型のLightningケーブルについているマジックテープ"

ケーブルには「TOWAYS」という、自社の社名が入ったマジックテープが付いていました。

マジックテープは、持ち運ぶときなどコンパクトに収納できるので結構便利だったりしますよ。

マジックテープで縛っていれば、絡まる心配もありませんしね。

 

alt"L字型のLightningケーブルのコネクタ部分"

コネクタ部分は、こんな感じになっています。

 

正規品のLightningケーブルと比較してみると、

alt"正規品のLightningケーブルと比較"

こんな感じ。

コネクタ部分下のつまみの部分の高さはほぼ同じでしたが、横幅はほんの少しだけ広いように見えます。

ただ、MFI認証商品なだけあって接続部はほぼ同一のものだったので安心です。

 

 

alt"ナイロン加工されたケーブル"

ケーブルの方は、正規品のLightningケーブルと違ってナイロン加工されていました。

これによって、コードの断線を防いでくれます。

人によっては少しケーブルに固さを感じるかもしれませんが・・・

今様(いまよう)
今様(いまよう)
耐久性の方は問題なさそうだね!

※現在在庫切れとなっているため、類似品リンクを張ってます。

L字型のLightningケーブルを使ってみた

実際にL字型のLightningケーブルを使ってみました。

alt"L字型Lightningケーブル"

机の上に置いて作業する際など、自分にiPhoneやiPadを近づけて使うときにはケーブルが邪魔にならないので便利に使えます。

 

その他にも、iPhoneを横にして横画面でゲームを遊ぶ際も、操作を邪魔しないのでプレイがしやすかったです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
リズムゲームをやっている人などにはおすすめ!

 

alt"L字型Lightningケーブルでゲームをしている画像"

 

また、今回購入したLightningケーブルはUSBコネクタ側もL字になっています。

ついついLightning端子側にばかり目が行ってしまいますが、USBコネクタ側も断線の可能性がゼロではありません。

しかし、この製品はUSBコネクタ側もL字になっているので断線しにくく安心です。

alt"USBコネクタ側のL字型"

※現在在庫切れとなっているため、類似商品のリンクを張ってます。

L字型Lightningケーブルの注意点

L字型のLightningケーブルを利用していて、注意してほしい点もありました。

あなたのiPhoneケースでは使えない可能性がある

1つ目の注意点としては、「iPhoneケースによっては使えない可能性がある」ということです。

正規品のLightningケーブルと比べた写真を見ても、わずかではありますがコネクタ下部分が太めに設計されているのがわかります。

alt"正規品のLightningケーブルと比較"

このコネクタ下部分の幅が広いと、使用しているiPhoneケースによってはiPhoneにケーブルを接続できない可能性があります。

 

ほんとに誤差ではありますが、

「せっかく買ったのに使えない」

となってしまっては遅いので、事前に確認しておくことをおすすめします。

alt"Lightning端子側の太さ"
今様(いまよう)
今様(いまよう)
測ってみたら8.5mm~9.0mmでした

ケーブルが固いので重く感じてしまう

今回購入したLightningケーブルは断線防止のために「ナイロン編み」となっており、正規品のケーブルより少し硬い設計となっています。

alt"ナイロン加工されたケーブル"

ケーブルが硬いので、充電しながらiPhoneを使用していると、少し重く感じることがありました。

断線防止の設計で耐久性が高いのはいいですが、iPhoneを頻繁に動かす作業がある時には不向きです。

私がこのL字型Lightningケーブルを買った理由

Amazonなどのネットショップで「L字型 Lightningケーブル」という風に検索すると、数多くの商品が表示されます。

その中から私は、今回紹介したTOWAYSのLightningケーブルを購入しました。

その理由としては、

  • MFI認証商品だったから
  • 断線防止のナイロン編みを試してみたかったから
  • Lightning端子側に余裕のある商品がよかったから

などがあげられます。

 

3つ目の「Lightning端子側の余裕」というのは、下の写真の部分のことです。

alt"Lightning端子側の余裕"

 

L字型のLightningケーブルの中には、下の商品のようにLightning端子側に余裕がない商品が多く見られます。

alt"余裕がないLightning端子"

 

こういった形状の商品もいいのですが、この形状だとiPhoneケースが邪魔になって接続できない可能性があるんです。

接続できない危険を避けるために、この商品を購入しました。

 

L字型のLightningケーブルはこのほかにも様々な種類のものがあるので、あなたに合ったものを見つけてみてください。

※現在在庫切れとなっているため、類似品のリンクを張ってます。

まとめ

私は読書が趣味で、最近では紙媒体の本だけでなくKindle等の電子書籍も利用するようになってきました。

電子書籍を読むときは基本的にiPadを縦持ちで利用するので、正規品のLightningケーブルだとお腹にケーブルが当たってしまい、ケーブルが曲がってしまうんですね。

そのためL字型のLightningケーブルを買うに至りました。

L字型だと最初から曲がっているので、ケーブルが断線する可能性もありませんし、買ってみてとても満足しています。

私のように、Lightning端子の断線を避けたいという方は、今回紹介した商品をぜひ試してみてください。

※現在在庫切れとなっているため、類似品のリンクを張ってます。

alt"使うならMFi認証Lightningケーブル一択!Apple純正品よりおすすめする理由は?"
使うならMFi認証ライトニングケーブル一択!Apple純正品よりおすすめする理由は?ライトニングケーブルを利用するならMFi認証ケーブル一択です。 本記事では、なぜMFi認証ライトニングケーブル一択なのか解説しています。 ...
alt"OMKUYモバイルバッテリー"
【OMKUYモバイルバッテリー 10,000mAhレビュー】コンセントとケーブルが内蔵されている超便利モバイルバッテリー!OMKUYモバイルバッテリーは、コンセントと充電ケーブルが内蔵されているため、本体1つで全てこなせてしまう優れもの! これ1台あれば外出先でも困ることは一切なし! そんな「OMKUYモバイルバッテリー 10,000mAh」を紹介していきます。...
ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST