書評

【ゼロ秒思考】A4メモをするならペンにもこだわれ!おすすめは「PILOT VCORN」

alt"PILOTのVCORNボールペン"

こんにちは、今様です。

A4メモを継続してやっていくためには、道具にこだわるというのも1つの有効な手となります。

A4メモでこだわれる道具となると、「ボールペン」ですよね。

このボールペンが自分に合っていて、使いやすいものだとA4メモをやるのがどんどん楽しみになっていくでしょう。

 

そこで本記事では、

・A4メモにおすすめのボールペンの選び方

・私が使っているおすすめのボールペンの紹介

について解説していきます。

A4メモをやるうえで重要なのはペン選び!

A4メモをやり始めてみると、ペン選びが非常に重要なことが分かります。

A4メモは、1分間に自分の頭に思い浮かんだアイデアを、ひたすらA4用紙に書き込んでいきます。

1分間という短い時間の中でアイデアを書き込んでいかないといけないので、スラスラと書けるペンでないと間に合いません。

 

私自身、「ボールペンは書けたらいいから、100円ショップに売ってある3本入りのものにしよう」と思い、毎回100円ショップに売ってあるものを使っていました。

そちらの方がお得ですし、お金の節約にもなりますしね。

 

しかしA4メモに慣れて、思いつくアイデアの数も増えてきた頃から、1分があっという間に過ぎ去っていき、思いついたアイデアを書ききることができなくなりました。

そこで初めて、「ボールペンにこだわってみよう」と考えるようになったんです。

 

ボールペンの選び方

A4メモをやるためのボールペン選びで重要なのが、

  • 滑らかに書ける
  • 筆圧が弱くて書ける
  • コスパが良い

の3つです。

スラスラと滑らかに書ける

A4メモは1分間で思いついたことを、がむしゃらに書いていかないといけません。

そのため、スラスラと滑らかに書けるペンでないと、時間が足りなくなります。

1分間という短い時間の中でアイデアを書ききるには、スラスラと早く書いていけるペンでないと難しいです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
A4メモやると1分という時間の短さに気づかされますよね。。。

 

筆圧が弱くても書ける

A4メモをやるためのボールペン選びでは、「筆圧が弱くても書ける」という部分も重要になってきます。

 

基本的にA4メモは、1日10枚やるのが目安です。

1枚の文字数が約100文字程度(20~30文字×4行)で、それを毎日10枚ずつやっていくとなると、1日1,000字近い文字を書いている計算になります。

1,000文字を原稿用紙に書こうと思えば、ちょうど2枚半埋まりますね。

改めて計算してみると、すごい文字数を書いていることが分かります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
改めて考えると原稿用紙2枚半ってすごいw

 

これだけの文字数を1日の中で瞬時にメモするとなると、腕や手首が相当疲れるでしょう。

その疲れを少しでも軽減して、A4メモをスムーズに行うために必要になってくるのが、筆圧が弱くても書けるボールペンなんです。

 

コスパも重要!

A4メモは、1日10枚ずつ紙にアイデアを書き出していくため、ボールペンのインク消費量がとてつもなく速いです。

これは使用用途によっても変わってきますが、私の場合は早ければ1ヶ月に1本、遅くても1ヶ月半~2カ月あれば使い切ります。

そうなってくると、いくら使いやすいボールペンだとしても高価すぎると手が出しにくくなりますよね。

 

それを考えると、弱い筆圧でスラスラと書けて、価格もできるだけ安いボールペンがA4メモに適したボールペンだということが分かります。

おすすめはPILOTの「VCORN」

弱い筆圧でスラスラとかけて、価格も安いボールペンとしておすすめするのが、PILOTから発売されている「VCORN」というボールペンです。

alt"PILOTのVCORNボールペン"

 

これはゼロ秒思考の著者である赤羽雄二さんも愛用しているボールペンで、本書の中でも紹介されています。

そのボールペンを真似て使っているわけですが、とりあえず今使っていないという方は今すぐ買ってきてください。

書きやすすぎてもう手放せなくなりますw

それぐらいスラスラと滑らかに書くことができるんです。

 

実際に書いたものが下の写真。

alt"VCORNとJETSTREAMで書き比べ"

 

上の字が水性ボールペンで書いたもので、下の字が油性ボールペンで書いたものですが、同じ太さのボールペンでもやはり油性と比べて少し太く見えますね。

 

VCORNは水性ボールペンなので、先ほど紹介した

  • 滑らかに書ける
  • 筆圧が弱くても書ける

という2つの、ボールペン選びでの重要な要素を兼ね備えています。

※水性ボールペンのため、左利きの方は手にインクが付かないように注意する必要があります。

 

また、このVCORNは10本セットで買うと、1本88円という安さで購入することが可能。

alt"PILOTのVCORNボールペン10本入り"

 

常にストックしておくこともできますし、A4メモを継続して続けていくのであれば、このボールペンを買っておいて損はありません。

 

今ボールペンにこだわっていなかったり、自分に合ったボールペンが見つかっていないのであれば、ぜひPILOTの「VCORN」を使ってみてください。

すぐにセットで買いたくなりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

A4メモを継続していくためには、ボールペンなどにこだわってみるのもありだと思っています。

愛着のある物を使用すると、モチベーションを維持できますし、A4メモをやるのも楽しくなるでしょう。

今ボールペンに愛着がなく、安価なものを利用しているという方も今回紹介したPILOTの「VCORN」を使用してみてください。

A4メモをやるのがいつも以上に楽しみになるかもしれませんよ?

それでは、今様でした。

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST