読み放題サービス

私が感じたPrime Readingのメリット・デメリットまとめ。おすすめしたい人も紹介!

こんにちは、今様(いまよう)です。

「Prime Reading」は、Amazonプライム特典の1つで、月額500円で約1,000冊の本を読むことができます。

このPrime Readingを、読み放題サービスだけで見るとするならコスパが高いわけではありません。

しかし、Amazonプライム特典を有効活用することで、電子書籍ではなく紙媒体の本が好きな方は超お得に利用することができます。

本記事では、

  • Prime Readingの基本情報
  • PrimeReadingのメリットは?
  • Prime Readingのデメリットは?
  • Prime Readingを有効活用する方法
  • どんな人におすすめ?

について解説していきます。

Prime Readingとは?

料金

一般会員】月額プラン500円/年間プラン4,900円

Prime Student会員】月額250円/年間2,450円

書籍数 約1,000冊
ジャンル 雑誌/マンガ/小説/ビジネス書/自己啓発など
端末ダウンロード
対応デバイス PC/スマホ(Android・iPhone)/タブレット端末
無料体験期間 30日間

Prime Reading」は、Amazonプライムに加入することで得られる特典の1つで、特定の雑誌やマンガ、小説など様々なジャンルの書籍、約1,000冊を読み放題で読むことができます。

 

このAmazonプライムは、月額プランだと500円、年間プランだと4,900円で利用可能。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
年間契約だと、1,100円得するよ!

ただ学生の方は、「Prime Student会員」というプログラムに加入することができます。

このプログラムに加入すれば、一般会員の半額でAmazonプライム特典を利用できる超お得なプログラムです。

学生の方は、ぜひPrime Studentを利用しましょう!

 

Prime Readingのメリット

alt"メリット"

「Prime Reading」のメリットは、

Prime Readingのメリットまとめ
  • 月額500円で読み放題!
  • 多くの本を持ち運び可能!
  • 普段読まないジャンルにも触れられる
  • Prime Reading以外の特典も利用可能
  • 30日間の無料体験がある

など、5つ挙げられます。

月額500円で1,000冊が読み放題!

「Prime Reading」は月額500円で利用でき、約1,000冊の本が読み放題です。

読める本の中には、1冊1,000円以上するビジネス書も多くあり、1冊読むだけでもあなたが得をします。

 

最近でいえば、60万部以上を売り上げているベストセラー本である『超一流の雑談力』を読むことが可能。

『超一流の雑談力』の元値は1,218円ですが、Prime Readingで読むと月額500円!

さらに他の書籍も読み放題なので、超お得ですよね。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
実は私、『超一流の雑談力』をPrime Readingで読みましたw

 

Prime Readingでは、こういったベストセラー本や今話題のコミック、小説、雑誌など約1,000冊を月額500円で読むことができますよ!

ラインナップはこちら

多くの本を持ち運び可能!

alt"電子書籍"

Prime Readingは、Amazonの電子書籍アプリである「Kindle」にダウンロードして読んでいきます。

そのため、スマホやタブレットに書籍をダウンロードしておけば、外出先でも簡単に読むことが可能。

また電子書籍は、スマホやタブレット端末1台あればどこでも読めるので、多くの本を持ち歩くこともできます。

電車の中や、待ち合わせまでの空き時間に本を読みたいという方にはぜひ使ってほしいですね。

 

普段読まないジャンルにも触れられる

Prime Readingでは特定の書籍約1,000冊を読むことができますが、読めるジャンルは様々。

例えば、あなたが普段買わないような週刊誌などの雑誌や、マンガ、ライトノベルなども読むことができます。

 

いつもは意識して探していないから知らないだけで、本当はあなたにとってプラスになる書籍も大量にあるはず。

そういった、あなたがまだ知らない書籍や、タイトルを見て気になった書籍も、月額500円で読み放題なら手を出したくなりますよね?

そういった新しい本や知識との出会いの場としても、Prime Readingは活躍してくれますよ!

今様(いまよう)
今様(いまよう)
新たな趣味とも出会えるかも、、、!

Prime Reading以外のプライム特典も利用可能

Prime Readingは、「Amazonプライム」の特典の1つなので、Prime Readingの利用を始めると、その他の特典も利用することができます。

 

Amazonプライムに加入すると、

  • Amazonで購入した商品の配送料無料
  • お急ぎ便や日時指定が無料
  • 「Amazon Primeビデオ」で映画やドラマ見放題
  • 「Prime Music」で音楽聞き放題
  • Kindle本が月1冊無料

などなど、全部で10個以上のお得な特典を利用できます。

 

Amazonを頻繁に使っているのであれば、お得になる特典ばかりです。

月額500円でPrime Readingに加え、これだけの特典を受けられるならお得でしかないですよね。

 

30日間の無料体験がある

Amazonプライムは現在、初めて利用する方に30日無料体験期間を設けています。

興味はあるけど本格的に使うか迷っている方や、まだ利用したことないという方はチャンスです!

この無料体験期間を通して、一度Prime Readingを利用し、あなたに合ったサービスなのか確認してみましょう。

あなた自身が「合わないなぁ」と感じたのであれば、無料体験期間中に解約すれば、料金がかかることはありません。

ぜひ一度体験してみましょう!

Prime Readingの体験はこちら

 

 

Prime Readingのデメリット

alt"注意点"

「Prime Reading」のデメリットは、

Prime Readingのデメリットまとめ
  • 本当にあなたの読みたい本があるとは限らない
  • ダウンロードが10冊までしかできない
  • Prime Readingだけを見ると「コスパ最強!」とは言えない

の3つ挙げられます。

 

本当にあなたの読みたい本があるとは限らない

Prime Readingに掲載されている書籍はAmazonが自動で選んでいるものなので、あなた自身の読みたい本があるとは限りません。

ただ、ビジネス書やマンガなどの名著や今話題のものが掲載されているのも事実。

例を挙げるならば、

  • 超一流の雑談力
  • 仕事は楽しいかね?
  • 本好きの下剋上~司書になるために
  • 赤髪の白雪姫
  • オレンジページ
  • アニメディア

などが当てはまります。

 

本当に読みたい本が無くても、あなたが必要とする知識に関連する書籍はあるでしょう。

ラインナップが気になった方は、こちらからご覧ください。

 

同時にダウンロードできるのは10冊まで

Prime Readingに掲載されている本は、Kindleにダウンロードすることで読むことができますが、一度にダウンロードしておける書籍の合計は10冊が限界です。

そのため、10冊以上をダウンロードしておきたいのであれば、どれか1冊をダウンロードリストから削除しないといけません。

本当に読みたい本とそうでない本とはしっかり分けて、読みたい時に読みたい本が読めるようにしておきましょう。

 

「コスパ最強!」の読み放題サービスとは言えないが・・・

alt"お得"

Prime Readingは月額500円とはいえ、掲載されている本の中に読みたい本がなければ、意味がありませんよね。

また、読める本も約1,000冊と、大量の本が読めるわけでもありません。

そのため、Prime Readingは読み放題サービスの中でも「コスパ最強!」とは言えません。

本当に読み放題サービスでたくさんの本を読みたいなら、Prime Readingより「Kindle unlimited」というAmazonの読み放題サービスの方が良いでしょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
unlimitedはAmazonの読み放題サービスだよ

 

ただPrime Readingは、あくまでAmazonプライム特典の1つ。

先ほども紹介した通り、Amazonプライムには10個を超えるお得な特典があります。

 

そのAmazonプライム特典の中に、

  • Amazonで購入した商品の配送料無料
  • お急ぎ便や日時指定が無料

という2つがありましたよね。

この2つを上手く活用すれば、本をたくさん読みたいあなたも得することができます。

 

Prime Readingをお得に使う方法!

alt"紙媒体の書籍"

Prime Readingに限らず、インターネット上にある読み放題サービスは電子書籍で読むことになります。

しかし、中には電子書籍ではなく紙媒体の本で読みたいという方もいるでしょう。

そういった紙媒体の本が好きだという人にこそ、Prime Reading(Amazonプライム)を利用してほしいんです。

 

なぜなら、Amazonプライム特典の、

  • Amazonで購入した商品の配送料無料
  • お急ぎ便や日時指定が無料

という2つを活用することによって、Amazonで購入した紙媒体の本の配送料と手数料がすべて無料になるからです。

ですので、Amazonで書籍を購入したとしても、無駄に配送料や手数料にお金を支払う必要がなくなります。

 

おまけに、約1,000以上の本が読み放題。

Prime Readingを有効に無駄なく使うコツは、アマゾンPrime特典をどう活用するかにあるといっても過言ではないですね。

 

Prime Readingはどんな人におすすめ?

ここまで、Prime Readingのメリット・デメリットについてまとめてきました。

それらの点を踏まえると、

Prime Readingはこんな人にオススメ!
  • 本を読むだけじゃなく、Amazonでよく買い物をする人
  • 電子書籍ではなく、紙媒体の本が好みの人
  • 自分の知らないジャンルの本も読んでみたい人

におすすめです。

 

Prime Readingは、Amazonプライム特典の中の1つにすぎません。

そのため読み放題サービスに特化しているわけではないので、Amazonのサービスを広く使っている方におすすめします。

 

私の場合、紙媒体の本はポイントの付くAmazonで購入しているため、Amazonプライムに加入しています。

サブ的なサービスとしてPrime Readinを利用することで、ときどき『超一流の雑談力』のような、読みたかった人気本に出会うこともできます。

 

Prime Readinを利用したいと考えているという方は、Amazonプライム特典であなた自身がどれだけ得をできるかを考えてみてください。

そうすれば、普通以上に有効活用できるでしょう。

 

まとめ

まとめ

【メリット】

  • 月額500円で読み放題
  • 多くの本を持ち運び可能
  • 普段読まないジャンルにも触れられる
  • Prime Reading以外のプライム特典も利用可能
  • 30日間の無料体験がある

【デメリット】

  • 本当に読みたい本があるとは限らない
  • ダウンロードが10冊までしかできない
  • Prime Readingだけを見ると「コスパ最強!」とは言えない

 

Prime Readingは月額500円で約1,000冊ほどの書籍を読むことができますが、読み放題サービスの中でコスパが良いとは言えません。

しかし、Prime Readingを使うと同時にAmazonプライム特典を有効活用すれば、Amazonで紙媒体の本を買うときに、送料や手数料を支払う必要が無くなります。

 

それらの点を踏まえるとPrime Readingは、Amazonサービスを普段から利用しており、紙媒体の本で読書を楽しみたい人のサブ的な使い方をおすすめします。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
私もそうですしねw

 

まだAmazonプライムを利用したことがないという方は、一度30日間の無料体験をしてみてください。

そうすれば、あなたに合ったサービスなのか判断できますよ。

以上、今様でした。

 

Prime Readingの体験はこちら

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST