コラム

【コラム】ロザンの楽屋から学ぶ、考える時の視点。

こんにちは、今様(いまよう)です。

多くの芸能人がYouTubeに参入している中、
私がずっと見ているのが「ロザンの楽屋」です。

ロザンの楽屋では、たくさんの知識が紹介されており、勉強の一環として楽しむことができます。

 

今回は、私がロザンの楽屋から学んでいる「視点」について紹介します。

「ロザンの楽屋」から学べること

「ロザンの楽屋」は、高学歴コンビ「ロザン」の菅さんと宇治原さんの2人がおこなっているYouTubeチャンネルです。

配信されている動画は、
ある1つのテーマに沿ってお互いの主張を論じ合う内容となっています。

 

これまでに投稿された動画の例としては、

といったものがあります。

 

お互い高学歴なため、
動画内での主張のレベルが高いのも特徴です。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
知らないような情報も紹介してくれるので勉強にもなりますよ!

 

そんなロザンの楽屋で、私が意識して見ているのが、

「視点」

です。

 

宇治原さんもそうですが、特に菅さんの主張の視点を意識して見てください。

客観的な意見で、大勢が納得できるうえに、少数の人しか思いつかない主張をされていることが多いです。

そういった視点を意識して見ると、様々なことが学べます。

多角的視点とは?

菅さんの主張を聞いていると、多角的視点で見ていることがよく分かります。

多角的視点とは、1つの物事を様々な視点から見る能力のことです。

この視点を持てば、様々な事実に気づけます。

 

例えば下の動画、

 

新型コロナウイルスによって、全国の学校が一斉休校した話題が出ています。(10分15秒~)

 

そこでの菅さんの主張は、

一斉休校しなければ、感染した子どもがいる学校だけが休校となる。そうなると卒業式や入学式などのイベントができなくなり、感染した子どもが攻められるかもしれない

というもの。

 

この主張は、

  • 子持ちの親
  • 一斉休校はしていない
  • 自分の子どもがコロナに感染してしまった

という立場の視点からみたものです。

 

菅さんの主観ではなく、多角的視点で見たときの主張だと分かりますよね。

実際、この主張にたどり着いた人が何人いたのでしょうか。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
私は全くでした汗

 

Twitter上では、

  • そこまでやる必要ある?
  • 休校しても、遊びに行くんじゃない?
  • 授業はどうするの?卒業式は?
  • 授業の足並みそろえるためにも一斉休校の方が良い
  • 自分の子どもに感染するリスクを負わせたくない!

といった主張がよく見られましたが、
菅さんのような主張は、私の見た範囲では見つけられませんでした。

 

このように、多角的視点を身に付ければ、
周りの人が気づいていないようなことにも気づけられるんです。

 

多角的視点で固定概念が無くなる

現代はインターネットの普及により、
どんなものでも変化の速度が速くなっています。

その変化についていくためには、
固定概念を捨てなくてはいけません。

そんな固定概念を捨てるために必要なのが、「多角的視点

 

例えば、「恋人にサプライズでプレゼントをすれば喜んでくれる」と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、それはあなたの主観かもしれません。

 

もしかしたらサプライズが苦手かもしれない。

サプライズでプレゼントされるより、
あなたとどこかに遊びに行く方が嬉しいかもしれない。

 

こういう風に、恋人の視点から物事を見るためにも多角的視点は必要です。

多角的視点を身に付ければ、思い込みや固定概念から抜け出すこともできるんです。

 

まとめ

ロザンの楽屋では、様々な知識を知ることができますが、私は視点を学ぶために視聴しています。

自分なりに考えた後、ロザンさんの動画を見ることで、

「そういう視点もあったか!」

という新たな気付きにも出会えます。

 

多角的視点を身に付けることで、日常生活でも活用できます。

詳しい解説は下のブログで紹介されているので、気になった方はぜひ読んでみてください!

https://www.missiondrivenbrand.jp/entry/thinking_pointofview

以上、今様(いまよう)でした。

 

ロザンの楽屋:https://www.youtube.com/channel/UCeELG84k5r4j1w6uCbOiBdA/videos

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し