電子書籍リーダー

【比較】Kindle端末3種類の選び方を徹底解説!おすすめは?

alt"Kindle Paperwhite"

こんにちは、今様です。

Kindle端末で本読みたいんだけど、どれ選べばいいの?

と悩みますよね。

私も購入する時は迷いましたが、結局「Kindle Paperwhite」を購入しました。

関連【Kindle Paperwhiteレビュー】コスパ最強な電子書籍リーダーを紹介。迷ったらこれを買え!

 

本記事ではそんな私の経験を踏まえて、

のどれを選べばいいのか解説していきます。

Kindle端末とは?

alt"Kindle Paperwhite"

Kindle端末はAmazonが販売している電子書籍リーダーのことです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
電子書籍しか読めないタブレットという認識でOK!

 

現在は、

という3つのモデルが販売されています。

それぞれに特徴があり、合う人合わない人はそれぞれ違います。

本記事を、あなたに合った端末を見つける参考にしてくださいね。

 

Kindle端末のメリット

alt"メリット"

Kindle端末のメリットは、以下の5つが挙げられます。

  • 薄くて軽量
  • ブルーライトが少なく、目にやさしい
  • バッテリー持続時間が長い
  • 読書に集中できる
  • 電子書籍ならではの機能が多い

薄くて軽量

alt"電子書籍"
Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
サイズ(㎜) 160×113×8.7 167×116×8.18 159×141×3.4-8.4
重量 174g 182g 188g

 

Kindle端末はコンパクトで軽量なのが魅力です。

 

薄さは約8mmで、重さも180g前後。

180gというのは缶コーヒー1つ分の重さで、親指と人差し指の2本だけで支えることができます。

 

またサイズも文庫本とほぼ同じで、ポケットに入れることさえできます。

そのため通勤中や外出中も、すぐに取り出して読めますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
通勤に電車を使うサラリーマンにはおすすめ!

ブルーライトが少なく、目にやさしい

alt"スマホからのブルーライト"

Kindle端末はスマホやタブレットと違い、ブルーライトが少なく目にやさしい作りになっています。

なぜなら、「フロントライト」という技術が使われているから。

 

フロントライトという技術は、直接光を見るのではなく反射した光を間接的に見ています。

そのためブルーライトが少なく、目にやさしいんです。

バッテリー持続時間が長い

alt"バッテリー"

Amazonの公式によると、Kindleのバッテリーは以下のように記載されています。

明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可能。

Amazon公式より引用

私は1日に2~3時間ほど読書しますが、それでも1,2週間は継続して利用できました。

これだと外出先でもバッテリーが無くなることはありません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
大容量バッテリーに感謝感謝。

 

またモバイルバッテリーを持っていれば、外出先でも充電可能ですよ。

関連【OMKUYモバイルバッテリー 10,000mAhレビュー】コンセントとケーブルが内蔵されている超便利モバイルバッテリー!

読書に集中できる

Kindle端末には、YouTubeやSNSといったアプリをインストールすることができません。

そのため読書の妨げになる通知が来ず、読書に集中することができます。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
ゲームやSNSの誘惑がないと読書に没頭できそう!

 

電子書籍ならではの機能が多い

alt"Kindle端末の細かい機能"

KindleにはKindleにしかできない機能があります。

それが、

  • 文字サイズ、フォント、行間の変更
  • 辞書機能
  • ブックマークやハイライト、メモ

といった便利機能。

 

これらを有効活用することで、あなたが読みやすい設定で読書を楽しめます。

特に文字サイズや行間をあなた好みにすると、今まで以上に快適に読書ができるでしょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
あなたに合った設定を見つけてみてください!

 

 

Kindle端末のデメリット

alt"注意点"

Kindle端末のデメリットは、以下の2つが挙げられます。

  • 操作遅延がある
  • 白黒なので、雑誌には不向き

操作遅延がある

alt"Kindle端末の遅延"

Kindle端末でページをめくるとき、操作してから動作するまで少し時間がかかります。

時間はほんの0.5秒ほどですが、最初は不便に感じるかもしれません。

 

私も最初は違和感を覚えました。

しかし1週間ほどすると慣れるので、そこまで気にしなくても大丈夫ですよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
すぐに慣れるよ!

 

Kindle端末は白黒なので雑誌には不向き

alt"Kindle端末での雑誌"

Kindle端末はすべて白黒です。

そのためカラーの付いたマンガや雑誌を読むのには向いていません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
最近はカラー版のマンガ増えてるからちょっと残念。

 

もしあなたが雑誌やカラー版のマンガを読むのであれば、タブレットやiPadを選ぶようにしてください。

関連所持者が語るiPadの購入を失敗しない方法!必要なのは「明確な使用目的」

 

Kindleの3シリーズを比較

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円
ディスプレイ 6インチ 6インチ 7インチ
容量 8GB 8GB / 32GB 8GB / 32GB
解像度 167ppi 300ppi 300ppi
サイズ(mm) 160×113×8.7 167×116×8.18 159×141×3.4-8.4
重量 174g 182g 188g
防水 ×

 

ここでは、

の特徴をそれぞれ紹介していきます。

Kindle(無印)

Kindle
価格 8,980円
ディスプレイ 6インチ
容量 8GB
解像度 167ppi
サイズ(㎜) 160×113×8.7
重量 174g
防水 ×
  • 8,980円という低価格
  • 174gという最軽量
  • 解像度が低く、マンガには不向き
  • 防水機能がないため、お風呂で使えない

 

 

Kindleは最安値で最軽量

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円
ディスプレイ 6インチ 6インチ 7インチ
本体サイズ(㎜) 160×113×8.7 167×116×8.18 159×141×3.4-8.4
重量 174g 182g 188g

上の表を見てもらえればわかりますが、Kindleは1万円を切る価格で販売されています。

また重量も174gと最軽量。

iPhone XやXperia1といったスマホの重さが約170gなので、Kindleの軽さが分かります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
Kindleは最も安くて最も軽い!

 

【欠点1】Kindleには防水機能がない

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
防水機能 ×

Kindleは3種類の端末の中で、唯一防水機能がありません。

そのためお風呂での読書はできません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
お風呂で読書したいなら他の2機種を選ぼう!

 

【欠点2】Kindleは解像度が低い

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
解像度 167ppi 300ppi 300ppi

 

他の2機種の解像度は300ppiですが、Kindleの場合167ppiしかありません。

解像度が低くても文字は問題なく読めますが、マンガは読みにくいです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
細かい描写がぼやけちゃうからね。

Kindle端末でマンガや雑誌を読みたいという人は、Kindle(無印)はやめておきましょう。

 

Kindleまとめ

こんな人におすすめ!
  • とにかく低価格がいい人
  • 外出先でも使うため、少しでも軽い端末がいい人
  • お風呂場では使わない人
  • マンガや雑誌は読まず、小説しか読まない人
今様(いまよう)
今様(いまよう)
価格につられたらだめだよ!

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite
価格 13,980円
ディスプレイ 6インチ
容量 8GB / 32GB
解像度 300ppi
サイズ(㎜) 167×116×8.18
重量 182g
防水
  • 1番人気の端末
  • 3種類の中で最もバランスが良い
  • 防水機能搭載に、300ppiの解像度
  • コスパ最強!

 

 

Kindleよりは価格は上がるが、コスパ最強!

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円

 

価格はKindleより高く、Kindle Oasisより安い13,980円となっています。

高性能なのに高すぎない価格な端末となっており、コスパは最強!

今様(いまよう)
今様(いまよう)
最も売れている理由もうなずける!

 

どれを買うか迷ったなら、Kindle Paperwhiteを購入するのがおすすめです!

 

Kindle Paperwhiteは防水機能あり

alt"Kindle Paperwhiteの防水機能"

Kindle Paperwhiteには、防水機能が搭載されています。

そのためお風呂場でも、プールでも利用可能。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
リラックスしながらの読書は快適やね!

 

Kindle Paperwhiteは解像度300ppi

alt"Kindle Paperwhiteでのマンガ"

Kindle Paperwhiteの解像度は300ppiです。

こちらは先ほどのKindleとは違い、マンガも快適に読めます。

マンガや雑誌を楽しみたいのであれば、Kindle Paperwhiteを購入しましょう。

 

Kindle Paperwhiteまとめ

Kindle Paperwhiteはこんな人におすすめ!
  • コスパ重視な人
  • お風呂でも本を読みたい人
  • 小説だけじゃなく、マンガや雑誌も読みたい人
今様(いまよう)
今様(いまよう)
迷ったらこれで大丈夫だと思うよ!

関連【Kindle Paperwhiteレビュー】コスパ最強な電子書籍リーダーを紹介。迷ったらこれを買え!

Kindle Oasis

Kindle Oasis
価格 29,980円
ディスプレイ 7インチ
容量 8GB / 32GB
解像度 300ppi
サイズ(㎜) 159×141×3.4-8.4
重量 188g
防水
  • どの端末よりも高性能!
  • ページめくりボタンは便利
  • ただ価格は29,980円と高め

 

Kindle Oasisはページめくりボタンで片手で読書可能

alt"Kindle Oasisはページめくりボタンがある"

3種類の端末の中で、唯一ページめくりボタンが搭載されています。

このボタンのおかげで画面をタップする必要もなく、片手で読書できますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
たしかに片手開くのは便利かも

 

Kindle Oasisにしかない性能が盛りだくさん

alt"Kindle Oasisの色調調整ライト"

他2機種にはなく、Kindle Oasisにしかない機能は、

  • 色調調節ライト
  • 明るさ自動調整機能
  • 人間工学的デザイン
  • 自動画面回転機能
  • ページ送りボタン

の5つあります。

特に色調調整ライトでは、目にやさしい温かみのある色に調節することも可能。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
贅沢したいならKindle Oasisだね!

 

【欠点】Kindle Oasisは値段が高すぎる

alt"お金"
Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円

 

高性能なKindle Oasisですが、値段は高めの29,980円

この価格は、Kindle Paperwhiteの2倍以上。

しかしその分高性能なので、妥協したくない人はぜひ購入してみましょう!

今様(いまよう)
今様(いまよう)
メンタリストDaiGoさんはOasis使ってるよ!

 

Kindle Oasisまとめ

Kindle Oasisはこんな人におすすめ!
  • 片手で読書をしたい人
  • 値段は気にしないから、少しでも高性能な端末が良い人
今様(いまよう)
今様(いまよう)
お財布に余裕があるならおすすめ!

 

Kindleの細かいカスタマイズ

Kindleは端末ごとにも、

  • 容量
  • ネットへの接続方法(Wi-Fi / Wi-Fi+4G)
  • 広告の有無

をカスタマイズすることができます。

容量

alt"本棚"
Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
8GB 8,980円 13,980円 29,980円
32GB × 15,980円 32,980円

 

容量は8GBと32GBが用意されており、容量によって値段が2,000~3,000円ほど変わります。

私のおすすめは、

  • マンガを読むなら32GB
  • マンガを読まないなら8GB

という基準です。

 

ダウンロードできる本の冊数の目安が下の表。

小説 ライトノベル マンガ
8GB 8,876冊 692冊 130冊
32GB 35,504冊 2,768冊 650冊

 

マンガは1冊に容量を多く使うため、8GBではすぐに足りなくなります。

マンガを中心で楽しみたい方は、32GBを選びましょう。

 

インターネットへの接続方法

alt"Wi-Fi"
Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
Wi-Fiモデル 8,980円 13,980円 29,980円
Wi-Fi+4Gモデル × 22,980円 40,980円

インターネットへの接続方法は、

  • Wi-Fiモデル
  • Wi-Fi+4Gモデル

の2つあります。

 

「Wi-Fi+4Gモデル」だと価格は9,000円~10,000円値上げされますが、Wi-Fiが無い環境でもインターネットへ接続できるようになります。

ただ家にWi-Fi環境があるという方なら、Wi-Fiモデルで十分です。

家で読みたい本をダウンロードしておけば、外出先でもオフラインで読めますしね。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
何より高いから汗

広告の有無

alt"Kindle端末の広告"
Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
広告あり 8,980円 13,980円 29,980円
広告なし 10,980円 15,980円 31,980円

広告なしはすべての端末が統一で、2,000円アップになります。

プラス2,000円で広告が表示されないならそっちの方が良いじゃん!

という意見も多く見ました。

広告が邪魔でストレスを感じるという人は、「広告なし」を購入するようにしてください。

 

私の場合は広告が表示されてても邪魔には感じなかったので、「広告あり」の方を購入してます。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
余った2,000円で他の本買いたかったしね!

 

Kindle端末比較まとめ

Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円
ディスプレイ 6インチ 6インチ 7インチ
容量 8GB 8GB / 32GB 8GB / 32GB
解像度 167ppi 300ppi 300ppi
サイズ(mm) 160×113×8.7 167×116×8.18 159×141×3.4-8.4
重量 174g 182g 188g
防水 ×

本記事ではKindle端末を比較してきましたが、まとめると、

Kindle端末比較まとめ

となります。

 

私はKindle Paperwhiteを利用していますが、なんの不便なく使えています。

少しでも迷った方は、Kindle Paperwhiteを選ぶのが最も無難ですよ!

以上、今様でした。

関連【Kindle Paperwhiteレビュー】コスパ最強な電子書籍リーダーを紹介。迷ったらこれを買え!

 

 

ABOUT ME
今様
哲学が好きなどこにでもいる内向的な人|ゲーム|読書|アニメ|ガジェット|スマホ情報などを初心者に向けて発信|Adsens一発合格→3か月で月収10万達成→調子に乗り下積みのなさが浮き彫りに→一からやり直し
RELATED POST