電子書籍リーダー

【2021年】電子書籍リーダーのおすすめ5選!迷ったならこの2つから選べ!

alt"【2021年】電子書籍リーダーのおすすめ5選!迷ったならこの2つから選べ!"

おすすめの電子書籍リーダーはどれ?」と悩んでいる人は多いです。

販売されている種類も多く、迷うのも無理はないでしょう。

そこで本記事では、

  • 電子書籍リーダーの選び方
  • 電子書籍リーダーのメリット・デメリット
  • おすすめの電子書籍リーダー5つ

を解説しています。

 

もし

今すぐおすすめの電子書籍リーダーを教えて!

というのであれば、圧倒的なコスパをほこる「Kindle Paperwhite」がおすすめ。

  • 13,980円なのに高性能
  • 防水機能あり
  • 高解像度

の3点を押さえており、他と比べてもコスパは最高です。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
私もKindle Paperwhite愛用者です!

≫Kindle Paperwhiteはこちら

電子書籍リーダーorタブレット

alt"Kindle PaperwhiteとFire HD 8"左:Kindle Paperwhite 右:Fire HD 8

電子書籍を大画面で読もうと思うと、

  • 電子書籍リーダー
  • タブレット

の2つの選択肢があります。

電子書籍リーダーは、Amazonの「Kindle端末」や楽天の「Kobo端末」のことです。

反対にタブレットは、Appleの「iPad」やAmazonの「Fire HD 8」のことをいいます。

それぞれの端末の特徴をまとめたものが下の表です。

電子書籍リーダータブレット
価格9,000~35,000円1~10万円
ディスプレイ6~8インチ6~10インチ
重量180g前後500g前後
カラー白黒カラー
操作性
目への負担
バッテリー数週間数時間~数日
汎用性×
読書への集中度
特徴
  • 読書以外ができない
  • 白黒なので小説や実用書向き
  • 比較的高価だができることは多い
  • カラーマンガや雑誌向き

 

電子書籍リーダーとタブレットを選ぶ基準としては、

  • カラーの必要なカラーマンガや雑誌を読むか
  • 読書以外の動画視聴やSNSをするかどうか

の2つです。

電子書籍リーダーは白黒で、読書しかできません。

それに対しタブレットはカラーで、動画視聴やネットサーフィン、SNSもできます。

そのため、

  • 雑誌やカラーマンガを中心に読む⇒タブレット
  • 読書以外にも使用用途がある⇒タブレット
  • 小説や実用書を中心に読む⇒電子書籍リーダー
  • 読書しかしない⇒電子書籍リーダー

となります。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
おすすめのタブレットは下の記事で紹介している『Fire HD 8』だよ!

関連【Fire HD 8レビュー】これがほんとに1万円未満!?格安タブレットをレビュー

alt"【Fire HD 8レビュー】これがほんとに1万円未満!?格安タブレットをレビュー"
【Fire HD 8レビュー】これがほんとに1万円未満!?格安タブレットをレビュー本記事では、実際にFire HD 8を使ってみた感想をレビューしています。 1万円未満にもかかわらず、動画もゲームも快適にできる超格安タブレット。 迷ったらこれを買えば間違いなし!...

電子書籍リーダーのメリット・デメリット

【メリット】

  • 軽くて持ち運びが楽
  • スマホと違い画面が大きいため読みやすい
  • 読書しかできないため、読書に集中できる
  • バッテリーの持続時間は数週間
  • ブルーライトが少なく目にやさしい

【デメリット】

  • 反応が遅く、遅延がある
  • 白黒なので雑誌やカラーマンガには不向き
  • 専用のストア以外で購入した書籍は読めない

電子書籍リーダーのメリット・デメリットは、大きく分けて8つあります。

ここでは、電子書籍リーダーを買う上で必ず押さえておいてほしい重要な3つだけ紹介します。

【メリット1】読書しかできないため、読書に集中できる

alt"Kindle Paperwhiteの画面"

電子書籍リーダーは汎用性が低いため、読書以外の動画視聴やSNSができません。

これはデメリットですが、大きなメリットでもあります。

なぜなら、

読書しかできない=読書に集中できる

と、捉えられるからです。

 

スマホやタブレットだと、SNSの通知に気が散り、ついついアプリやゲームをやってしまうことはありますよね。

しかし電子書籍リーダーなら読書しかできないため、そういったアプリに読書を邪魔されることもありません。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
効率よく集中して読書ができるよ!

 

私自身も、電子書籍リーダーを購入してから、1ヶ月に読む冊数が2冊増えました。

年間で計算すると24冊。

それだけ電子書籍リーダーなら読書に集中でき、快適に電子書籍を楽しめる証拠なんです。

【メリット2】ブルーライトが発せられないので目に優しい

alt"ブルーライト"

電子書籍リーダーは目にやさしい端末なので、長時間読書をしても目が疲れませんし、視力低下にもつながりません。

電子書籍リーダーが目にやさしい理由は、「フロントライト」が採用されているからです。

目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。

Amazon公式:「Kindle paperwhite」より引用

フロントライトは、私たちの目に直接光が入ってくるわけではなく、一度反射した光が入ってきます。

そのため目への影響も少なく、負担も少ないんです。

 

また電子書籍リーダーには「E-ink」が採用されています。

このE-inkは液晶ディスプレイと違い、本物の紙と同じ感覚で読書を進められます

alt"Kindle電子書籍リーダー"

紙の本での読書が好きだという方も、E-inkが採用されている電子書籍リーダーなら、同じ感覚で楽しめますよ。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
紙媒体の書籍が好きな人にもおすすめ!

【デメリット】反応が遅く、遅延がある

alt"Kindle端末の遅延"Kindle Paperwhite

上の動画を見れば分かる通り、電子書籍リーダーはタップしてから反応するまでに遅延があります。

この操作性に関して言えば、スマホやタブレットには及びません。

しかし反応しないときがあるわけでもありませんし、使っていると慣れてきます。

私自身1週間しないうちに慣れました。

この「反応が遅い」というデメリットだけで、買わないという判断はしない方が良いでしょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
「遅延があるんだな」って認識だけ持っておこう!

電子書籍リーダーのメリット・デメリットに関する詳しい解説は、以下の記事を読んでください。

関連電子書籍リーダーのメリットまとめ!これがあれば電子書籍を最大限楽しめます

alt"電子書籍リーダーのメリット・デメリットまとめ!おすすめ端末も紹介"
電子書籍リーダーのメリット・デメリットまとめ!おすすめ端末も紹介電子書籍リーダーには多くのメリットがあり、快適な読書をもたらしてくれます。本記事では電子書籍リーダーのメリット・デメリットだけではなく、おすすめの端末も紹介しています。...

電子書籍リーダーの選び方

alt"比較"
電子書籍リーダーの選び方
  • 利用するストアから選ぶ
  • リーダー本体のサイズで選ぶ
  • リーダーのメモリで選ぶ
  • 防水機能の有無で選ぶ

ここでは電子書籍リーダーを選ぶときのポイント4つを簡単に解説します。

1.利用するストアから選ぶ

alt"rakutenかAmazon"

電子書籍リーダーのほとんどは、専用のストアで購入した電子書籍しか読めません。

例えば、Amazonから販売されている「Kindle端末」なら、Kindleストアで購入した電子書籍しか読めません。

また楽天から販売されている「Kobo端末」も、楽天で購入した電子書籍しか読めません。

ですので、

  • Amazonをよく利用する⇒Kindle端末
  • 楽天をよく利用する⇒Kobo端末

と選びましょう。

 

また電子書籍リーダーによっては、GooglePlayストアから専用アプリをダウンロードして読めるものもあります。

本記事後半で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

alt"【比較】楽天KoboとKindleストアはどっちがおすすめ?7つの観点から徹底比較"
【比較】楽天KoboとKindleストアはどっちがおすすめ?7つの観点から徹底比較楽天koboもKindleストアも、メリットの多いサービスです。 しかしあなた自身に合ったサービスはどちらかわからない… そんなあなたに向けて本記事では、7つの観点から楽天koboとKindleを比較します。...

2.リーダー本体のサイズで選ぶ

alt"iPad、Fire HD 8、ビジネス書、Kindle Paperwhiteの写真"

電子書籍リーダーでどんな書籍を読むかによって、選ぶべき本体のサイズは変わってきます。

小説や実用書を中心に読むなら、6インチサイズの電子書籍リーダーがちょうどいいでしょう。

マンガを中心に読むのであれば、細部までしっかり読みたいですよね。

そういった方は、7インチや8インチといった大画面で読みやすい電子書籍リーダーがおすすめです。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
小説中心なら6インチ、マンガなら7インチ以上がおすすめ!

3.リーダーの容量で選ぶ

alt"クラウド"

どのジャンルの本を読むかによって、電子書籍リーダーに必要な容量も変わってきます。

以下の表を見れば分かる通り、マンガは容量を多く使用します。

そのためマンガを中心に読むのであれば、容量が大きいリーダーを選びましょう。

マンガ小説
4GB約60冊約4,400冊
8GB約130冊約8,876冊
32GB約650冊約35,504冊

※保存できる冊数はタイトルによって変わります。

ただしほとんどの場合、電子書籍のデータはインターネット上のクラウドに保管しています。

そのためいつでも端末への再ダウンロードはできるので、読み終わった作品はすぐに端末から削除して、容量を開けるのも1つの手ですね。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
イッキ読みしたい時には容量が多い方が良いかもね

4.防水機能の有無で選ぶ

alt"Kindle Oasisはページめくりボタンがある"

電子書籍リーダーは紙媒体の書籍と違い、お風呂でも読書が楽しめます。

しかし防水機能が搭載されているものと、搭載されていないものがあるため注意が必要です。

もしあなたがお風呂でリラックスして読書を楽しみたいのであれば、防水機能が備わっている電子書籍リーダーを選びましょう。

今様(いまよう)
今様(いまよう)
お風呂で読むなら防水機能有りを選ぼう!

関連電子書籍リーダーの選び方はこの3つを押さえろ!

alt"電子書籍リーダーの選び方は3つだけ!コスパが高いおすすめ端末は?"
電子書籍リーダーの選び方は3つだけ!コスパが高いおすすめ端末は?電子書籍リーダーの選び方は3つ押さえておけば十分。本記事では、電子書籍リーダーの選ぶべきポイントを簡単に解説しています。...

電子書籍リーダーのおすすめ5選!

alt"Kindle Paperwhite"

私がおすすめする電子書籍リーダーは、以下の5つです。

おすすめの電子書籍リーダー

しかし5つに絞っても、どれを選べばよいか分からない方もいるでしょう。

そういう方は、